topimage

2011-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新体制  - 2011.12.20 Tue

新体制となり、当院のリハビリは大きく変わりそうです。

特徴的な点は

○早期退院(約1ヶ月)を目指す。

○処方の詳細をDrが決める。

○靴型装具を利用して立ち上がり、歩行をメインに治療を行う。



期退院は確実に早すぎる。

生活期リハが整い始めているが現状は厳しい。





方について、新しく車椅子駆動が追加された。

その他、関節ファシリテーション等よりも立ち上がり、歩行を中心に治療を進める。

立ち上がり回数はなんと300回。

また、モーメント戦略を用いず、スタビリティー戦略で行うようにとの指示が出た。

立ち上がりは移乗、バランス能力向上に繋がる。

排泄動作を自立させることが第一優先。





具は今までの自由度・難易度の考えから話が変わり、末梢にも自由度を持たせるという考えである。

膝関節15°屈曲位、足関節は背屈誘導を設定する。

GS-KAFO底屈制動、背屈フリーを可能にし、股関節・足関節の動きを引き出す。

片麻痺患者は立脚後期がうまく出来ない。蹴り出しが出来ない。

腸腰筋、ヒラメ筋、腓腹筋の遠心性収縮で股関節伸展が出来ない、タイミングが合わないのでForefoot Rockerが使えない。

そのため臀部を後退させ、振り出しは体幹で代償し努力性となる。

足が重いと感じるのはそのためであると考える。

どこで床を蹴ってんの??はすごく良い評価だと考える。

234



ここで疑問。


○患者さんの満足度は??

○膝関節を15°屈曲させるメリットは??

○果たして立脚後期の股関節伸展は生まれるのか??




これは、やらなくてはわからない。

患者さんの人生がかかっていることは忘れてはいかん。

装具が悪いのでなく、装具を使いこなせないセラピストが悪い。

頑張ろう!!!


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

日高 雅大

Author:日高 雅大
Lifeとは、命、生活、人生であり、人それぞれの“Life”をより良いものにしたいと考えています。

全ての人を幸せに。

特に食事、睡眠、運動、入浴などの基本的な生活から幸せは蓄積して行くと思います。

少しずつ、幸せになる方法をアップして行きます。

<興味>
解剖・生理・運動学、バイオメカニクス
身体意識、コーチング、
ヨガ、ポールスターピラティス、
マーケティング

<趣味>
サッカー、フットサル、サーフィン
フィッシング、登山、映画鑑賞、
読書、瞑想

<資格>
理学療法士

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
7435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
医学
754位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。