FC2ブログ
topimage

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチングについて - 2013.01.26 Sat

若いセラピストが多い中、上司と部下の間で交わされるコミュニケーション。

充実したコミュニケーションとなっているのか?

コーチング


コーチングという言葉を聞いたのは最近の事で、部下をどう指導すれば効率が良いのか?

そんな疑問が浮かんだ。

今まで、部下にはあまり干渉せず自分の事は自分でやれば良いと思うことも多かった。

書類一つにあーだこーだ言うのもあまり好きじゃない。それより、臨床の感性を大事にして欲しかったから。

それも見直す必要がありそうです。

先輩の口文句
「○○くんには言ったんですけどねー。」
「教えてやったのになんでやらないんだ!」
「また同じミスしやがって!」

と、棚上げ上手はなんでも後輩のせいにしたがる。

人間は自分を守る生き物。

そうやって何でも責任をなすりつけ弱者のせいにする。

そんなんじゃチームの輪も乱れるし、そもそもチームじゃない。

中堅の今、どう動けば良いのか。

自分なりに考察してみました。

1.背景があることを認識する。

後輩がどの学校を出て、どんな指導を受けて、どう生きてきたのか。そんなのみんな違う。だから「軽く」だとか「ちょっと」のニュアンスは別物と考えたほうがいい。
「ちょっと待ってて!」が自分と相手はどれくらい違うのか。

ふとした瞬間を大切に。

2.先輩が部下に合わせる。

頭ごなしに否定する時代は終わりました。部下がついて来ません。
お互いを認め、質問しやすい環境にないと部下は先輩にら近づきません。先輩は部下の立場になるため自分を変えられる必要があるかと思います。


3.建設的に話をする。

理想はストーリーとなっていると良いかと。しかし、そんなに頭は良くありません。先輩もわかんないことは素直に聞く、調べる。適当なこと言わない。お互い質問し合い、一つのゴールを導き出す!

4.本筋とズレたら軌道修正を早めにする。

形は違えど人間はout putしたい生き物。話したい気持ちが先行して本筋とズレが生じることがある。
話の流れも大事だけど、話を切るのも大事だと思います。間を大切に!


全てが出来るわけありませんが、こんな感じでコーチングに興味があります。



意見や質問等ありましたら気軽にコメントして頂けると幸です。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hidamasa14.blog100.fc2.com/tb.php/107-5368c620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナンバのコーチング論に学ぶ «  | BLOG TOP |  » 2012 to2013

プロフィール

日高 雅大

Author:日高 雅大
Lifeとは、命、生活、人生であり、人それぞれの“Life”をより良いものにしたいと考えています。

全ての人を幸せに。

特に食事、睡眠、運動、入浴などの基本的な生活から幸せは蓄積して行くと思います。

少しずつ、幸せになる方法をアップして行きます。

<興味>
解剖・生理・運動学、バイオメカニクス
身体意識、コーチング、
ヨガ、ポールスターピラティス、
マーケティング

<趣味>
サッカー、フットサル、サーフィン
フィッシング、登山、映画鑑賞、
読書、瞑想

<資格>
理学療法士

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
5951位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
医学
606位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。