topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチング➁  “褒める”の罠 - 2013.02.10 Sun

Evernote Camera Roll 20130210 072945


皆さんは患者さんが上手く歩けた時、褒めますか?

何と無く上手く歩けたかなって時、褒めますか?

上手く歩けなくても、褒めますか?

私は比較的、褒めることが多いです!笑

でも、勉強して行くうちに自分の身のふりも如何なものかと感じてしまいました。

先ほどの話に戻りますが、人はどうなっているかわからないけど、褒めてくれるのであれば何と無く嬉しく感じるのだと思います。

特に、受傷後や環境が変化したあとは自分の存在価値が分からず、何かにすがりたくなってしまいます。

特に立場が上の人、尊敬する人からの褒めるは大きな報酬となり、モチベーションの向上に繋がります。

ここに、落とし穴があります。

大きな報酬になる

その報酬を求める

課題を遂行する

より大きな報酬を求める



これが永遠に続くと思うと報酬の裏側には支配が有ると思います。

まさに主と家来の関係。

僕はぞっとしました。そうしたい方はどうぞ笑

もしそうなっては依存心を高め、自立心がなくなってしまいます。

それはコーチングではないかとおもいます。

また、人はマンネリ化します。ここぞという時に使わないと効果が薄れてしまいます。

人が求めているのは「無条件の承認」であり、結果とその結果を生んだ自分に対する「祝福」です。そして、自分の結果が周囲に与えた肯定的影響を知りたいと思っています。引用121


具体的にはある先輩は僕に課題を課し、それを100点満点で評価してくれました。すごくわかりやすく、励みになりました。

それだけでなく、さり気なく皆の前で公表してくれました。

このさり気なくってとこが上手く、自分も見習いたいとこだと感じました。

そう言った時の記憶は何時迄も残っているものです。

まさに、適切、適度、適量であり、安い言葉で片付けない“褒める”でした。

ある登山前のペンションでの出来事でした。

皆さんも自分がどれだけ褒めて、褒める基準ってなんなのかって考えたりすると面白いかと思います。

案外、自分の感情に左右されたり…そんなことも多々あるかと思います。

是非お試しあれ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

いいね!

依存心って結構なキーワードなんだと思う。

自分が世界一の治療家になったとしたら、きっと患者さんは一生自分を頼って生きて行くことになると思う。

そうならないためにも、セルフで行える運動の指導とか大切だと思ってます。

そうなんだよね。

他動がなきゃ自分の身体が調整出来ないじゃ意味がないんです。

セルフメンテナンス…大事です!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hidamasa14.blog100.fc2.com/tb.php/115-9559f547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コーチング③ モチベーション «  | BLOG TOP |  » コーチング① 大前提の考え方

プロフィール

日高 雅大

Author:日高 雅大
Lifeとは、命、生活、人生であり、人それぞれの“Life”をより良いものにしたいと考えています。

全ての人を幸せに。

特に食事、睡眠、運動、入浴などの基本的な生活から幸せは蓄積して行くと思います。

少しずつ、幸せになる方法をアップして行きます。

<興味>
解剖・生理・運動学、バイオメカニクス
身体意識、コーチング、
ヨガ、ポールスターピラティス、
マーケティング

<趣味>
サッカー、フットサル、サーフィン
フィッシング、登山、映画鑑賞、
読書、瞑想

<資格>
理学療法士

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
5067位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
医学
517位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。