topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチング⑦ "変わりたい"という気持ち - 2013.04.13 Sat



人は何かを求め行動する。

それが快楽であったり、発展であったり、安心であったりする。

セラピストはクライアントが一回のリハビリで何をお求め、どう変わりたいのか確認しているでしょうか。

1ヶ月に1回の面談でモチベーションの維持はできるでしょうか。

どんなに技術が優れていたとしても、セラピストとクライアントの求める方向性が定まっていなければ効果は薄い。

結果を求め、変えるということに意識が集中しすぎ大切なことを忘れていることが多い気がする。

自己満足の治療は自己満足でしかない。

自分は相手の何を変えたくてその治療をするのか。

相手はその治療をして求める自分になっているのか。


確認する必要がありますね。


病院に入院している人も

「何のためにここにいるのか。」

「何のためにリハビリを受けているのか。」

「自分がどうなりたいのか。」

ここら辺がイメージできていない方が多い。

病院というものは急性期ー回復期ー生活期の流れの中で、能動性が一番求められるのは回復期だと思う。

安静と言う期間を経て、能動性を引き出すのはセラピストの役目である。

そのためには自分がどう変わりたいのかという気持ちを大切にしたい。

今一度、Needsの確認は見直さないといけないと感じた。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hidamasa14.blog100.fc2.com/tb.php/125-53aa1339
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コーチングスペシャリスト 鯨岡栄一郎先生 講演  «  | BLOG TOP |  » コーチング⑥ 意識調査で自分の指導を客観視

プロフィール

日高 雅大

Author:日高 雅大
Lifeとは、命、生活、人生であり、人それぞれの“Life”をより良いものにしたいと考えています。

全ての人を幸せに。

特に食事、睡眠、運動、入浴などの基本的な生活から幸せは蓄積して行くと思います。

少しずつ、幸せになる方法をアップして行きます。

<興味>
解剖・生理・運動学、バイオメカニクス
身体意識、コーチング、
ヨガ、ポールスターピラティス、
マーケティング

<趣味>
サッカー、フットサル、サーフィン
フィッシング、登山、映画鑑賞、
読書、瞑想

<資格>
理学療法士

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
3463位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
医学
378位
アクセスランキングを見る>>

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。